2014年11月24日月曜日

日本の緊縛師、マドリッドで激写される。しかも高級紙エル・ムンド紙掲載。 縛りとは、「エロチズム、愛、享楽、痛み、対話」といった、曖昧で、かつ分類不可能で、かつ矛盾したものなのだ。